現金化の仕組みと利用限度額

ショッピング枠を利用し現金調達

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用し現金を融通する手段です。ショッピング枠を利用して買い物をして、そのキャッシュバックで現金調達をすることが出来ます。
さて、この現金化サービスで利用者が得られるお金の限界はどれくらいでしょう。とは言っても、業者が直接的に利用者へお金を貸し付けるシステムではありませんから、基本的にクレジットカードに設定されているショッピング枠が利用限度額ということになります。

クレジットカードには現金を借りるためのキャッシング枠と、買い物を利用するために設けられたショッピング枠があります。
しかしショッピング枠現金化はキャッシング枠を利用することなく、ショッピング枠だけで資金調達をすることが出来ます。ショッピング枠はキャッシング枠に比べて、限度額が高く設定されています。そのことから、高額な現金調達をすることが可能なのです。
つまり、クレジットカード現金化とは「キャッシング枠は使い切ったがショッピング枠は残っている。」そんな方々が利用する新しい金融システムなのです。

基本はカード決済でオリジナル商品を購入するのですが、多くのクレジットカード現金化では特典のキャッシュバックという形で現金が振り込まれます。特典といっても全員に提供されるキャッシュバックなので、法律で言う不正な景品表示には該当しませんし、そのため10%を超えるキャッシュバック率を適用していても合法なわけです。

販売したオリジナル商品を業者が買い取る方法もあります。事前に決めている買取額で買い取ることでクレジットカード現金化を図る手段です。

業者によってクレジットカード現金化のスタイルは大きく異なっているようですが、業者が提供・販売するオリジナル商品をカード決済で購入するスタイルが一般的になっています。この場合、業者がカード加盟店として決済を行なうことになります。

業者の指定する商品をクレジットカード決済で購入できれば良いわけですから、業者に申し込むことで審査が行なわれるような手間も時間も無用です。クレジットカード現金化はカード決済を前提とすることで迅速な対応を可能にしています。クレジットカード現金化を利用するのに難しい手続きなどは一切不要です。利用者は顧客としてクレジットカードを使った買い物を行なうだけで良いわけです。何も特別なことはありません。

それはクレジットカード会社から見ても同じことであって、カード会員がクレジットカード現金化を行なったという事実を知る材料がありません。そのため利用明細に記載されてくる情報も通常の買い物と同様に、業者が取り扱っている何らかの商品を購入したという事実だけが残ります。

購入者への特典として全員に提供されるキャッシュバックサービスによって、クレジットカード現金化が結果的に実現されるサービスになっているわけです。支払いはカードで買い物をした時と全く同様に、クレジットカード会社へ支払いをしていくことになります。業者へ支払っていく必要は全くありません。

クレジットカード決済に利用する金額と比較すれば、同額以上のキャッシュバックが得られることはありませんが、クレジットカード現金化の業者としては70%~90%の範囲内でのキャッシュバックが一般的です。

基本的に利用限度額を超えるようなショッピング決済を行なわない限り、支払いの遅延といったトラブルを抱えてない会員であれば問題はありません。

クレジットカード現金化のサービスは合法的ではあっても、カード会社に実態が知られてしまうと会員規約に違反する行為に抵触してしまうので厄介な問題に発展することもあります。「換金を目的とした決済」を行なっていることになってしまうのです。

普段クレジットカードを使っていない顧客が業者を利用する場合、クレジットカード現金化として決済する金額が突然20万円~30万円といった額になると、カード会社としては現金化のようなサービスを利用したのではないかと疑問に思うことがあるようです。
そういった場合はクレジットカード会社から電話連絡が来るのですが、聞かれたからと、目的がクレジットカード現金化と伝える必要はありません。欲しいものがあったからクレジットカードを使ってみた。そう話すほうが無難です。
特にお財布の中に眠っているような未使用のクレジットカードを使う場合には、注意しておいた方がいいでしょう。

  • クレジット現金化はカード会社の会員規約に抵触する恐れのあるサービスであるため、どうしても現金が必要な場合以外は利用を控えるようにしてください。
  • また、カード決済だけさせて振込を行わないなどの詐欺業者も存在するため、クレジットカード現金化のランキングサイト等を参考に実績のある業者に依頼してください。
  • 即日現金化をうたっている業者は、カード決済の確認が取れ次第利用者に振込を行います。そのため、振込確認後にカード決済自体を取り消す詐欺行為の被害も出ているようです。