利用限度額の基本知識

クレジットカードは会社がカード会員に変わって一時的に代金を立て替える仕組みのものですから、当然支払ったお金が戻ってくるように会社はしなければなりません。そこで個人の「信用」や「実績」に応じて限度額というものを設定しています。クレジットカード会社は回収できなくなるなどのリスクを回避するため、クレジットカードを発行する際には、個人の属性などを調査して与信の審査をしています。

利用限度額とは

クレジットカードの限度額とは、利用できる金額の上限の事です。呼び方は他にも「貸出限度額」「与信限度額」「クレジットライン」などがあります。ショッピングやキャッシングの限度額はクレジットカードを申し込んだ時の与信審査によって決められます。 クレジットカードの限度額は、使用する人の職業や年収、信用情報等に応じて定められており、性質や利用実績などによってそれぞれ異なります。日本国外のカード会社では月給の何倍相当額までと設定している場合もあります。
一般的に買い物などで使用するショッピング用の枠とお金自体を借りることのできるキャッシング用の枠は別々に設定されており、カード会員はその限度額を 超えて利用することは出来ません。通常はショッピング30万円、キャッシング10万円といったように、ショッピング枠のほうがキャッシング枠よりも高く設定されていることが多いです。いずれも限度額を超えて利用する事は出来ないようになっています。

クレジットカードの利用限度額はカード会社によって様々ですが、一般的には1.一般カード、2.ゴールドカード、3.ブラック(プラチナ)カードの順に、グレードがアップするにつれて利用限度額も高くなっています。
限度額(与信額)が大きいほど、カード会社からの信用をたくさん得ているといえますし、ゴールド、プラチナ、ブラックなどの色のカードを持っていることがステイタスであるという評価をする人もいるようです。
ただし、利用可能な枠が大きく会員サービスも充実しているため、ゴールド・プラチナ・ブラックなどは年会費も高額になります。

限度額の設定について

限度額はどのようなカードを持っているかによってそれぞれ違います。また、常に一定ではなく、信用・信頼度や利用・活用実績などによって変動します。通常の一般カードで5万円~50万円位、ゴールドカードで50万円~300万円位の限度額になっています。ちなみに外国のカード会社では限度額は月給のX倍相当額と決められているカード会社もあるそうです。
上記の他にも、利用限度額そのものを設定していないカード会社もあります。そういったカードで買い物をする場合、電話などでカード会社から直接に承認を求められることがあります。

現状、限度額の設定はカード会社側に一任されています。そしてカード会社の判断のもと、利用者に通知することなく変更する事が認められています。
クレジットカード会社ではそれぞれ会員規約が定められておりますが、以下に一般的な限度額に関する規約を紹介します。

  • ・カード会社が定めた金額を利用限度額とする事
  • ・限度額の変更は、会社の判断で適当と認めた場合、利用者への通知無しにいつでも変更可能
  • ・利用者はクレジット会社側で定められた限度額以上の利用をしない事

以上のように、カード会員の登録情報の変更やカードの更新時を機に信用情報を見直し、利用限度額を変更します。クレジットカードを定期的に利用し、返済を滞らせず利用実績をあげれば、何もしなくて自然と限度額が上がります。返済期日の遅延には信用を高めるためにも十分注意しなければなりません。

会員審査と途上与信

限度額は会員個人の信用度でカード会社が審査をし設定します。クレジットカードが発行されるには申込資格を満たしているだけでなく、さらにカード会社の審査を通過しなければなりません。
クレジットカードの申し込みを受けるとカード会社はまずその情報を『個人信用情報機関』と照会します。ここで、信用情報の虚偽記載や電話番号の不一致などが無いことを確認します。
その次に申込者の属性を基に審査を行います。 本人かどうか?配偶者に継続的に安定した収入があるか?会社員か個人事業者か?そして申込者の年齢や年収、勤務先などから判断されます。 この判断基準はカード会社ごとに異なっており一般には公開されないため 審査基準に達しているかどうかは結果が出るまで分からないというのが実情です。
また、審査に落ちて申し込みを何回も繰り返すと『多重申込者』としてリストに名前が載ってしまい 審査に通り難くなってしまいます。なお、審査や設定は、日本クレジット産業協会が1991年3月に提唱した、「クレジットカード発行における適正与信体制の整備」に基づいています。以下に事項内容を記します。

  • 1.新規入会者の利用限度額の引下げ…新規に入会する会員への初期利用限度額は、原則として低く設定し発行すること。
  • 2.若年層に対する利用限度額の設定…若年層の新規入会者に対する初期利用限度額は、「1.」より更に引き下げて発行すること。
  • 3.途上与信の導入…既会員に対するクレジットカードを更新する場合の利用限度額の設定は、過去の利用実績、支払状況、属性等の変化に応じて変更する、いわゆる途上与信制度を導入するとともに、これを運用する審査体制の強化と徹底に努めること。

とはいえ、きちんと返済し、定期的にカードを利用していれば、限度額のアップに関しては特に問題なく審査は通ります。

  • クレジットカード利用限度額は国際ブランドやカードのグレード(ブラック・プラチナ・ゴールド等)等によって大きく異なります。カードごとの限度額を知りたい方は下記のクレジットカード比較サイトをご利用下さい。
  • 東京神田などのビジネス街では「カードでお金」といった看板をよく見かけますが、これも同様のサービスで、店舗に足を運び、その場で商品購入と買い取りを行います。
  • ショッピング枠現金化は改正貸金業法が施行され総量規制が始まってから急増の一途をたどっておりますが、消費者庁などではトラブルを未然に防ぐため、利用者に対する注意を促しております。
  • 高額なポイント制の出会い系サイトなどではクレジットカードの限度額いっぱいまでサイトを利用させるような悪質なサクラ被害も発生しているようです。
  • 池袋にある風俗店ではクレジットカードで支払いをすると、後日郵送される明細書には、風俗店の名前ではなく株式会社○○といった名称で記載されます。
  • クレジットカードの限度額を上げるためには年間の所得額と信用が重要です。高収入の池袋風俗求人情報は下記サイトがおすすめです。